スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who is That ? Jhonny Lyall interview

20070111103956.jpg



Who's That ?
Jhonny Lyall ジョニー・ライアル

みんなJhonny Lyallと聞いてだれだよ?しらないよこんな人と思うかもしれない。
世界にはみんなの知らないスノーボーダーが沢山いる。
そんな中ここウィスラーをベースするスノーボードライダー達を紹介していきたいと思います。

Jhonny はまだ20歳で顔もイケメン!物静かなJhonnyだが板を履くと別人ととかす。
最近ではカナダの雑誌などでも取り上げられるくらいに成長したJhonny にいろいろ話を聞いてみた。

Interview by Jimmy
Photos by HAKO
Jimmy以下 J
Jhonny Lyall 以下 L


J: スノーボードをはじめたのは?
L: 3歳の時からスキーを始めて僕のパパが家をビレッジの近くにもってて週末とかホリデーにはWhistlerによくスキーをしにきてた。僕が12歳の時にスノーボーダーを山でよく見かけるようになって僕もスノーボードがしたいと思ってスノーボードを始めたいと思ったんだ。そしたらパパがスキーがもっと上手になったらしてもいいって言ったけどその時はスノーボードがすごくしたかったからスキーを辞めてスノーボードを始めたんだ。
高校をでてからはいろんなところに旅にでたよ。ホント高校卒業するまでは週末とかホリデーとか学校がない時にしか滑ってなかったけど、今はガンガン滑ってるよ。


J: ノースアメリカだったら12歳にスノーボードを始めるのは少し遅かったんだね。
L: 今はそうかもしれないけどその時はそうでもはなかったと思うよ。
スノーボードを始めた時はただ普通に友達とスノーボードしてたけど14歳か15歳の時にWVSC(WhistlerValleySnowboardClub)に入ってコンテストに出たりしてスノーボードがもっと上手くなりたいと思ったんだ。


J: 先シーズンは何をしてたの?
L: 去年はマッチミュージックにゲストででたりTransWorldの撮影をしたりしてたよ。
基本的に撮影が多かったかな?夏はCamp Of Chanpions(ノースアメリカで一番歴史の古いスノーボード、スキーのキャンプ)でコーチをしていたよ。

JhonnyのセンシーズンのマッチミュージックのゲストとTrans Worldの撮影の動画はこちら
http://www.itsyourlifemovie.com/johnnylyall.html

J: プロスノーボーダーになって変わったことはあた?
L: 僕はアマとプロスノーボーダーの調度間にいるね。ライディングではそこまでヘルプできないから違う形で僕ができることをがんばってやってるよ。けど、できるだけ山に上がってスノーボードして色々メーカーにできることはいろいろやってきた。けど、もっと上手くなったらお金も貰えるしできる限りのベストはつくしているよ。なんせスノーボードはお金がないからね。
できればもっとビジネスなことをもっと勉強してもっと資金を増やせることができたらいいな。メーカーだけじゃなくてもっと上手くなりたいスノーボーダーヘルプをしたりもするよ。
シーズン中はWVSCでコーチしてるし、夏はCamp Of Chanpionsでコーチしてるからね。自分がヘルプできることはいろんな人にしてきてるよ。


J: いつもだれと滑ってるの?
L: WaildCatsのメンバーとよく滑ってるよ。
そして今年のWaild Catsビデオのタイトルは"Still bustard" にしようと俺たちで考えてる。Wild Catsをはじめた時に"little bustard "ていうビデオがあって、それにちょっとかけて ある意味このタイトルはおもしろくてね。"little bustard "から結構時間が経ってるからその時みんなは小さかったけど今はみんな大人になった。だけど中身はまだ子供でやんちゃなクソガキって意味で"Still bustard"
僕のルームメイトのMikey Rencz(マイキー・レンツ)(Burton)はよくWaild Catsと滑ってるしね。多分、おもしろいビデオになるよ。友達とビデオをつくるのはすごく楽しみだよ。みんな上手いからね


J: じゃあバックカントリーにはよくいくんだね。
L: バックカントリーには行けるだけいくよ。
けど、他のみんはの撮影もしなくちゃいけないから結構彼らにはハードかもしれないね。


J: White OutとWild Catsって似てるよね。
L: ライダーとかはあまりかわらないけど、White Out Filmの方がもっとスポンサーが多いし、世界に向けて売り出されるからね。Waild Catsは友達とかをいれたりスノーボード以外のスノーボーダー達の映像いれたりもっと楽しいそうな感じかな?
みんなもすごく"still bustard"をみたがってるしね。


20070111104005.jpg


J: 日本のスノーボーダーについてどう思う?
L: どうだろうそこまですごく気にはしてない。雑誌とかでたまにみるけど名前が似ていて覚えたりするのも大変だよ。エンデバーのチームにもなんにんか日本人がいるけどね。まだ、会ったことはないよ。日本人もいっぱいいいスノーボーダーがいるって聞いてるよ。
ただ、僕がそこまで気にしてみれていないだろうけど・・・
山でたまにみたいりもするけどいいスタイルをもってるんじゃないかな?


L: 今日は変な天気だったね。風が強くて曇ったり、がすったり、晴れたりしてさ。上はそこまで悪くなかったね。雪もいっぱいあったしね。
けど、僕が今日コーチングをしてたのがキッズだったから彼らはパウダーなのにパークに行きたいって言うから仕方なくパークにいったよ。ブルーパークの2発目のヒップはよかったよ。テイクオフは整備されれてランディングはパウダーでさ。ぶっ飛んでパウダーランディングはサイコーだよ。それが今日のハイライトだね。


J: アーロン(WVSCのコーチ)が言ってたけど子供たちいうこときかないんだって?
L: そうなんだよ。みんなパークにしか行きたがらないよ。だから彼らにいっつも言ってるけどフリーランをしてナチュラルヒットとかをした方がもっと板に乗れるしパークでももっと上手くなれるだよ。だからずーとパークを滑るってのはお勧めできないね。スノーボードはパークだけじゃないからね。けど、彼らはフリーランなんて面白くないよ!って言って言うこときかないけどね・・・ 彼らの好きなようにやらすよ強制もしたくないしね。やっぱり楽しめることが一番だよ。

J: スノーボードのいい所と悪い所は?
L: わからないね。あまりそこまで気にしたことはないけどね。
これが正しい、間違いだ!ってことなないからね。難しい質問だね。
自分がしたいことができなかったり、疲れてスノーボードしてたりするときはたまにモチベーションが落ちたりするよ。よくないね。


J: 日本に行ってみたい?
L: Logan Short(ローガン・ショート)(同じエンデバーのライダー)が去年いったんだけどすごく楽しかったって言ってたし日本に行く事はすごく楽しみにしてるよ。たぶん、エンデバーのチームで日本に行くと思うよ。確か2月の末か3月の頭だったかな?SlopeSylerがある時にいくと思うよ。日本は雑誌とかでみるけどすごくおもしろそうなんだ。
日本で会ったらよろしくね!


20070111104018.jpg


Jhonny Lyall

Age:20
Home:Vancouver B.C. Canada
Stance:23.5 inches 15° -15°
Sponsors:Oakley,Endeavor Snowboards,SP Bindings,Dakine,Gravis,Airhole,Coastal Riders



スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。