スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ShowCase ShowDown !

20070225062123.jpg

ウィスラーのスノーボード、SK8、サーフボードショップ "Show Case"が主催するShowCase ShowDownも今年で10周年!
毎年クリエイティブなコースセッティングが魅力で毎年ライダーを悩ませる!
賞金総額$25,000(CAN)で優勝賞金はなんと$10,000とめちゃくちゃ豪華!
カナダ各地からいろいろなライダーが約140人ここウィスラーに集まった。
コースのセットアップは ヒップラインディングの後パイプその後に両サイドにCボックスそして最後にダウンレール、フラットダウンBOX(フラットとダウンBOXの間にギャップ有)、ダウンフラットダウンボックス!
全てのアイテムをテクニカルにこなす技のバリエイションが必要とされた!
20070225062129.jpg

20070225062141.jpg


大会1日目
前夜からのパウダーで雪のコンディションは水分の多く遅く固く公開練習から選手を悩ませた。 特にヒップのランディングは時間が経つにつれてボコボコになり固くなって転倒者続出!去年、トラビスウィリアムスとハイエストエアーを勝負してたTim Orrは飛びすぎて足の骨を折ってしまった。長年Optionのライダーを務めていたSandBoxのプロデューサーKevin Sansalone は遊びで公開練習だけ参加!大会にでるかのようにガツガツ滑っていた。
予選は女子は1ヒート、男子は3つのヒートに分かれて1ヒートに約40人
ヒートごとに10人がセミファイナルに進むことができ、予選を勝ち進んだライダー以外の中のトップ10スコアーの10人がワイルドカードとして次のヒートに進むことができた。セミファイナルにコマを進めたのは計50人。
予選で目立ったのはDustinCraven(Capita, Oakley, Union)去年の優勝者。ちなみに19歳!緊張のかけらもみられなく大会をすごく楽しんでいたように見えた。
その他に去年トリノオリンピックのハーフパイプにでたBradMatin彼も20代前半とまだ若い!彼はホントなんでもオールラウンダーでなんでもできパイプ以外のアイテムもあっさり技をきめてしまう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。