スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に光る虫

ジミーが住んでいる所は
どちらかというと田舎である。
かと言ってと電車が1日何本かしかないような所ではありません。
ちゃんとJRも新幹線も高速も通ってますよ(笑)
この前満喫に行こうと原付を走らしてた所
暗闇の中川を覗き込んでる人達が数人いた。
なんなんやろう?
って思いながら隣を通りすぎた。
かすかになんか緑黄色っぱい小さい物が光ってるのが目に入った。
そんでUターンしてその川を見てみると
沢山の蛍が飛びまわってた。
蛍を見るなんて何年ぶりだろうか。。。
自然が多いカナダでも見る事はなかった。
なんか癒されますよね。
線香花火でもしてるような。。。

日本で蛍を見れる所って数すくないんかな~
ジミーの家の近所に飛んでる蛍は源氏蛍と言って
水田などに生息するヘイケ蛍よりも大きく、デリケートな蛍です。
010100.jpg
蛍はよく水がきれいな所しか生息しないといいますが
それだけではハッキリ言って生息しません。
そら~水がきれいなんは第一条件やけど
その川に餌となるカワニナが生息していなければいけないですし
幼虫から蛹になる為に川岸の柔らかい土が必要となります。
今、蛍の生息域が各地で狭まってます。
もちろん川の汚染により幼虫やカワニナが生存できなくなることが主な要因の一つやけど
他にも川岸を護岸で覆ってしまい幼虫が蛹になれないし、成虫が活動する夜に車のライトや外灯を点灯させるとホタルの活動を妨げてるのが現実です。
しかし蛍が飛んでいるからと言ってそこの自然環境が良いとは僕は思いません。
なぜなら蛍は成虫の期間が短く
その生活範囲も狭いので水中と岸辺までの整備ができれば
ホタルの定着はそれほど難しくはありません。
もっと広い範囲の自然環境を必要とする生き物は沢山いると思います。

最近よく聞く「ECO」
Co2の削減、ゴミの削減、ソーラー発電、資源の再利用など...
それが本当に自然環境を良くするのでしょうか?
他にもっとやらないといけない事があるのではないのでしょうか?
考えさせられました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。