スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's That ? Heart Films interview

20070815082355.jpg

Heart Films

今回のインタビューはWho's Dad ? シリーズから離れて 
What's That ?シリーズの1回目
Heart Filmsをインタビューします。
Heart Filmsカメラマンの田島継二 氏と
エディターの林伸浩 氏にHeart Filmsについて熱く語っていただきました。
heat7.jpg


テスト:Jimmy 以下:J
写真:オオタ
田島継二 以下:ケイジ(写真右)
林伸浩 以下:ノブ(写真左)

ノブ:
とりあえず乾杯!お疲れさま!
ケイジ:
お疲れ様です。

heat1.jpg


J:
Heart filmsとは?
ケイジ:
去年の冬前、05/06シーズン、タダシ(布施忠)と、たろうさん(フィルマー)とはじまって、かっこいいライダー達が集まって世界にもっとライダー達が活躍していってほしいというタダシの気持ちともっと面白いビデオを作ろうことでこのHeart Films がはじまりました。
ノブ:
僕は2年目からです(苦笑い)

J:
Heart Filmsのコンセプトを教えてください。
ケイジ:
コンセプトはやっぱりスノーボードをしている楽しさや滑っている以外でスノーボードにたずさわる楽しさをビデオで表現するということです。やらせじゃなくてそのまま、心からとか、熱い気持ちと言う意味でノブ:
なんでHeart ってついたの?
ケイジ:
Heartって決めたのはタダシなの。いろいろあったんだよ。
ノブ:
ライダー達が集まって?
ケイジ:
そうそう。仙台の白木屋で。。。
ノブ:
ボツになったのとか覚えてる?
ケイジ:
候補は忘れちゃった。けど、ハートは良いじゃんって事になったのは覚えてる。
ノブ:
すごいだっっさいのとかなかったの?
ケイジ:
例えば?
ノブ:
例えば、何とかファイヤーとかさ。。。
ケイジ:
けど、FilmとかFilmsとかは曖昧な感じだったけど。。。結局Filmsになりました。

heat2.jpg


J:
1年目、1作目はどうでした?
ケイジ:
一作目はかたい感じにあがってしましました。
でももっと普通のビデオ知られない場所を言葉で出していきたいっていうのはありまた。
ノブ:
その時僕は外野だったんで。。。サッカーしてました。
その時自分はまだタダシのよき友達でした。
タダシが一番俺に何でもいいやすかったんじゃないかな?
だから、エディティングを任されたと思う。いろいろとあり。
そのすえエディターになりました。
今は非常に楽しくやっていますよね?ケイジ?
ケイジ:
え?。。。。。。
最後の追い込みはかなり忙しかったけど今はもう無事編集が終わって毎日パーティーです(笑)
ノブ:
もう無事に終わってさ、この蚊だけがさ、この前キャンプ行って そんな感じです。

J:
布施忠の専属カメラマンとして今までをずっと近くで布施忠を見てきたと思いますがHeart Filmsで動ごくようになって何かが変わった所はありましたか?

heat4.jpg

ケイジ:
WhiteOutで動いてた時はタダシが自分がやりたいことを自分でやればいいだけだったけど撮影の現場に行ってHeart Filmsで動くようになってタダシが先頭を切ってみんなを引っ 張っていくようななんか自分がやらなくちゃみせなくちゃという感じが前より強いとう。
世界のトップでやって来た経験をいかしてみんなを引っ張っていくのが強かったです。

J:
編集はどうでしたか?
ノブ:
覚悟はしてたけど、面白かった。フッテージが足りないな~って話すライダーもいたしやっぱりシーズン中、そのカナダで一緒にいたライダーが残してきてくれた映像をこうライダーも自分たちも同じくらい良い物を露出していきたかったらライダーに徴収してきました。
だからライダー達も満足してくれるとは思います。
1作目と違ってかなり違った味付けになってます。
メインはテンポをはやくして、ボーナスをかなりメローに仕上げました。
メインは約40分、ボーナスは2時間以上?!

heat3.jpg


ケイジ:
今回の作品はタダシがやりたい、つくりたりイメージにかなり近くなった作品になったんじゃないかな?
J:
前回と撮影するのに何か変わった所はなにかありましたか?
ケイジ:
今年は日本でみんなで撮影もしたし、みんながスノーモービルを買ってもっと乗るようになったしバックカントリーで動くライダー増えましたね。
ノブ:
少しはスケールの大きさを表現できたと思います。
ケイジ:
けど、みんなモービルを買ったからといってみんなで一緒のポイントで撮るとみんな同じ絵になっちゃうし、タダシもそれが嫌だったから結構バラバラで動いた事もありました。
だから次に繋がるんじゃないですかね。

J:
今回のDVDの見所は?
ノブ:
全部に力に注ぎました。
一つ一つ、1分1秒、
細かく編集したしいろんな層の人に楽しんでもらえるんじゃないですか?

J:
ベストパートは?
ノブ:
パートじゃないけど好きな部分。えぇっとあれだれだっけ?
ケイジ:
。。。。。。。
ノブ:
たくみ(鈴木拓巳)
ケイジ:
たくみのはじまり?
ノブ:
そうそう。曲が始まる前、イントロの部分。
ケイジ:
おもしろいのはコニタン(小西隆文)からコウスケ(脇坂幸助)にいくところかな?
コウスケはかなりいい味をだしているしやぱりすごいのはアキくんとタダシ!
かなりパワフルでヤバいです。
J:
シーズン中ずっと撮影してましたが息抜きに遊びに行ったりしました?ケイジ:
俺はないな~
俺はメリハリをつけるのがヘタだから結構いつも気はってましたよ。
移動が多かったし。。。
ノブ:
ケイジまじめだもんな。いいことですよ。
ケイジ:
けどタダシもシーズン中そうとう結構気をはっていたよ。
ノブ:
あれはアスリートを感じるね。
俺はたまに滑りにいったりもしてたけどなかなか難しいよね。
ライダー本人が良い映像だったと思ってもいざPCに取り込んで見てみたらいまいちだったりって事もあったし
ケイジ:
その逆もあるしね。
ノブ:
そうそう。編集がいまいちなのみあるしね。
だからライダーと一致団結して作ってきました。

ノブ:
なんでケイジはカメラをはじめたの?
ケイジ:
自分たちで撮ってビデオを作ろうと思って撮影とかしてたけどモービルをやり始めた時にスノーボードをやっていくか悩んでたんです。
ウィスラーで海外の有名なビデオでみるようなロケーションでジャンプするロケーションで映像残したいっていう気持ちでやったきたんですが、いざその場所までたどり着いら回りはみんなムービースターでそこですごいレベルの差を感じて悩んでた時にタダシとかDice-k Maruさんに軽い気持ちでフィルマーになってみない? って冗談で言われててたけど、それもいいかな?って思ってはじめました。それからWhite Outでタダシを撮るようになりました。
ノブ:
その時からタダシの専属だったんだよね?ほかのライダーとか撮らなかったの?
ケイジ:
メインはタダシだったけど一緒に撮影してたら一緒に撮ってたけど。
基本的にはないですね。
heat9.jpg

ケイジ:
なんでノブくんはスノーボード始めたの?
ノブ:
俺は学生の頃はスキーヤーだったの。
ずっとちっちゃい頃からスキーやってて大学までインストラクターとかやってたの。
それでスノーボードを始めたのが23歳くらいかな?その時周りはやってたけど意地はってスキーをやってたんだけど雑誌かな?とらんずとかトランズとかTransとかTransworldとか読んでてかっこいいな~て思ってやり
始めたら面白くてはまっちゃった。
大学を卒業してからデザイン会社で働くようになってサンデースノーボーダーになって会社でいろいろデザインするようになってステッカーとか張るのとかが好きで。
だから今エディターをやっているのかな?
最初DMKPEAKっていうDVDがあってそれでTadashiのパート作らさしていただいてその後Heartでエディングするようになりました。
タダシのHeart Filmsの考えかたがライダーと滑りとか考えたりするし
もちろん俺たちフィルマーとかエディターとかの事もちゃんと考えてくれてる。
やっぱりライダーもフィルマーエディターもheartとして
みんな成長できたらいいな~ってタダシと言ってて。
みんなで大きくなりたいね。

J:
これからの活動を教えてください。
ノブ:
とりあえず今編集が終わりました。
約2ヶ月ドタバタしていました。
締め切りのギリギリのギリギリまで編集してました。
山あり谷ありでね。
ほとんど山ありだったけどこれからは全国ツアー試写会です!
ケイジ:
最初は東京銀座のアップルストアー!
最後は福島の街なか広場でGo For It というイベントで滑って盛り上がって
その後試写会で盛り上がって最後パーティーでもあり上がって騒いで!
という感じです。
ノブ:
僕たちも何処かの試写会で参加しますのでその時はよろしくおねがいします。

J:
最後にみなさんに言いたいことは?
ケイジ:
Heart Films Vol. 2をよろしくおねがいします。
ノブ:
ケイジさん最後にもう一度見所をお願いします。
ケイジ:
デジタル映像以外にフィルム映像8mm,16mmで撮った映像もありますし
ライダーのがんばりもそうだけど僕達みんなの1つの作品として見てください。
今ある国内にあるビデオとは全然違うからまた新しい感覚でみれると思います。
ノブ:
heart色としてピンクで!
heat8.jpg

Heart Filmsをこれからもよろしく!!

Heart Films ウェブサイト
Heart Films ブログ
試写会情報

heat6.jpg

田島継二 (たじま けいじ)
誕生日:1978年6月6日
スポンサー:Spiny
使用ギア:Burton Tadashi Fuse 154, Cartel, Ion
使用カメラ:Panasonic DVX-100A, Bolex RX-5(16mm), eumig(8mm)

heat5.jpg

林 伸浩(はやし のぶひろ)
誕生日:1976年2月3日
スポンサー:フェニックス、Heart Films
使用ギア:Burton,Holden,Deeluxe,Oakley



dvdcover.jpg

「HEART FILMS VOL.2」
8月23日DVD発売!!
価格:4,410円(税込)

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。